Members

Tatsu
谷口 達彦
スティーヴ・パクストンらが試みた実験的グループダンス「コンタクト・インプロヴァイゼーション」に
魅了され、身体表現の世界へ入る。
感情の解放と、空間との融合をテーマに、2013年よりTASKメンバーとの作品づくりに参加。
以前に企画者として参加したイントロダクション・トゥ・フィジカルシアターというワークショップで
現在のTASKメンバーと出会う。
TATSUHIKO TANIGUCHI
Tatsuhiko Taniguchi came to performance under the influence of Contact Improvisation, an experimental group-dance movement created by Steve Paxton of the Judson Church dance movement, and has been ignited by this second career.  He has created work as a dancer and collaborator with TASK since August 2013.
His current interests are centered around releasing one’s emotion and keeping spatial oneness in his creative work.  Previously, he held the position of cultural school manager,where he met the other members of TASK in an Introduction to Physical Theater class.
Autumn
オータム・ウィドース
舞台作家/アートディレクター/アーティスト/アートインストラクターとしてニューヨーク・サンフランシスコ・ロンドン・沖縄等で多くの作品を手がける。
ある主題を元に、舞台的要素、文学的要素、映像・音楽を交差させながら独自のメッセージ性のある作品づくりを行う。
また、振り付け師に依存しない自然発生的な振り付け、歴史的事実・社会的問題を織り込んだ構成でのディレクションを得意とする。
専門であるフィジカルシアターのワークショップで出会ったメンバーと共に、現在TASKとしても活動中。翻訳ではなく、意図的に繰り返される日本語と英語の行き来、言語のインプロヴァイゼーションを取り入れた作品を製作中。
ニューヨークでの主な活動場所としては、ディクソンプレイス、ブリックシアター、グレイスエキシビジョンスペース、ボウリーポエトリークラブ、
ガラパゴス、アントイズダンス、インブレッドハイブリッドコレクティブ、トリスケリオンアートセンター、ムーブメントリサーチ
フェスティバル、ザ・アンドナウフェスティバル等。
その他、ポエトリーカフェ@ポエトリーソサイエティ(ロンドン)、サブテラニアンアートハウス(サンフランシスコ)、
ジャパンライターズカンファレンス@沖縄キリスト教短期大学(沖縄)でも作品を公開。
ニューヨーク大学ティスク・スクールオブアートにて修士号取得。
AUTUMN WIDDOES
Autumn Widdoes is a theater artist and writer who has developed and shown theatrical work in NYC, San Francisco, and London, UK.  She has performed in NYC at Dixon Place, the Brick Theater, Grace Exhibition Space, Bowery Poetry Club, Galapagos, AUNTS is Dance, Inbred-Hybrid Collective, WAXworks @Triskelion Arts Center and the Movement Research Festival, the &Now Festival of of Innovative Art and Literature.  In London, UK her work has been shown at the Poetry Cafe of the Poetry Society.  In San Francisco:  Subterranean Arthouse.  She has trained with The TEAM (Theater for the Emerging American Moment) and Movement Workshop Group.  She received her Masters from Tisch School of the Arts, New York University.
Sakurako
山下 桜子
小さな頃、一番好きだったことは盆踊りでした。
大人になり、少しずつですがダンスを始めました。
踊っている時の幸せな気持ちを大切に、感じること、動くこと、生きることを見つけていきたいです。
SAKURAKO YAMASHITA
As a child, Sakurako’s favorite thing was dancing at the Bon Festival dance.  She has been studying dance to fulfill a lifelong yearning to move freely and openly express her feelings via the body. In her improvised movement compositions, she wishes to dig deeper in what it means to express the ephemerality of life via the body:  ‘to feel…to move…to live’.
Kenji
田村 謙治
ナイロン100℃やピナ・バウシュから影響を受け、舞台・身体表現の面白さに気づく。
コミカルとシリアスの間で、コンテクスト、バーバルの有無に囚われない表現を目指している。
純粋音楽から大衆音楽までを創作するミュージシャンでもあり、これまでにオストアンデル等のバンドとも共演してきた。
2014年、自身のソロユニットとして”Think the Weather”を始動させている。

KENJI TAMURA

Kenji Tamura is a sonic artist and movement theater performer whose work has been influenced by artists such as Nylon 100 and Pina Bausch.  He is interested in exploring the complexities of expressing emotions situated between the farcical and the dramatic.  He is also interested in the use of sound and the creation of sonic landscapes within both non-verbalized movement and language based expression.  In addition, he writes songs and has been involved with several bands, including the band Ost Andel, that range from instrumental to Japanese pop music.  He is currently working on a solo album and will soon tour under the moniker, “Think the Weather.”

Advertisements

Leave a Reply

Fill in your details below or click an icon to log in:

WordPress.com Logo

You are commenting using your WordPress.com account. Log Out /  Change )

Google+ photo

You are commenting using your Google+ account. Log Out /  Change )

Twitter picture

You are commenting using your Twitter account. Log Out /  Change )

Facebook photo

You are commenting using your Facebook account. Log Out /  Change )

Connecting to %s